Kids Perform Challenge

演じた数だけ、子どもは強くなる。

“Kids Perform Challenge”夏期講習を開催しました

セミナー

2019.08.01[THU]

今年3月に行った“Kids Perform Challenge”春期講習に引き続き「小学校受験」をお考えの方やご興味のある方を対象に、
「行動観察」に着目した内容の夏期講習を行いました。
監修は中学受験情報 主任相談員 小川大介先生、
監修協力は幼児教育研究家 グレイスキンダー代表 渋谷充先生にご担当いただき、
内容はテアトルアカデミー講師 柴田千絵里先生の即興演技レッスンを元に独自で構成したもので行いました。

講習は年中長の子どもたちを対象に行いましたが、
サポートとして小学生にも協力していただきました。

サポートとして小学生に協力してもらうことにより、
参加した子どもたちもお兄さん、お姉さんをお手本とし取り組むことができておりました。
逆に小学生の子どもたちはお兄さん、お姉さんとして接することにより3日間それぞれで成長を感じることができました。

子どもたちの講習中には、参加した保護者様に向けた解説や受験に関する相談にのるというお時間も設けました。

今回行った内容の「行動観察」は前回の春期講習でも行いましたが、

評価されるポイントは、
リーダーシップを発揮できる子、フォロワーシップが高い子、調整役ができる子、細かいところに気づける子、明るい雰囲気が作れる子、
など様々あるのですが、合格する子の共通点ははっきりしています。

・“自分らしさ”を素直に表現できていること
・初めての人ともコミュニケーションが取れること
・なんとかしてやり遂げようとする諦めない心を持っていること

これらの力は、普段からテアトルアカデミーで演技レッスンを受けている子どもたちは自然と身に着けている力なのだと今回の講習を通して改めて感じることができました。

子どもたちは講習を受けているという感覚ではなく、普段の演技レッスンを受けているという感覚で「楽しく」「のびのびと」【自分】を表現していました。

小学校受験をお考えの方やそうでない方も、テアトルアカデミーでお子さまの可能性を広げてみませんか?